キャバリア・リリー日記 マンゴーの収穫  (2018/12/12)
2011年に購入したマンゴ農園
マンゴ農園は約13,700m2で70本の木が植えられています
土地の値段は140万ペソ(280万円)程度です

これがマンゴの木

マンゴ農園のマンゴが収穫できるようになりました
3か月前に仲買人が開花を促進するための薬剤をスプレーしました。

マンゴの木は花を咲かせたいときに特殊なスプレーをかけます
一連の作業は全部仲買人がやってくれて、オーナは寝て待つだけ
オーナの取り分は収穫のうち40%程度

時として大雨や大風で花や実が全滅する事もあるので
オーナとしては取り分が少ないがリスクが少ない方法です

小さい実が付いたところで1つ1つの実に新聞紙で袋を取り付けています

この写真は収穫したマンゴの袋を取り外し1つ1つ傷みが無いかチェックしています

マンゴの管理から収穫、販売までを仲買人がやります。土地のオーナーはただ待つだけ。
スプレー直後に大雨が降ったり鳥の被害が有ってもオーナーはまったく金銭面で被害は有りません。

籠に入れたマンゴの重さを計っているところ

選別作業が続いています
最期に箱に詰められて仲買人に引き取られて行きます
多くはセブに運ばれて、スーパーマーケット等に売られるそうです

2018年12月11日  2018年12月19日
フレーム表示に戻す