キャバリア・リリー日記  出国中止(2017/08/31)
ラプラプにあるホテルに宿泊して、深夜3:00AMに起きて流しのタクシーで空港へ
3:30AMにはカウンターで荷物を預け、チェックイン
2か所にあるセキュリティーチェックも無事に通過
途中でターミナルフィーの750ペソの支払い

空港に到着するまでにペソを使いきってしまうとこのお金を払えなくなります。
ここではクレジットカードも使えなく、現金を用意する必要が有ります。

ペソを使い切ってしまうと最初のセキュリティーチェックの前まで戻り
この両替やさんで円→ペソを交換してもらう必要があります。
さて、順調に進んでいた私の搭乗手続きですが、最後の関門、
出国審査(イミグレーション)でトラブル発生。
なんと私のパーマメントビザの有効期限が切れていることが判明。

その為、出国させてもらえませんでした

結局、今回の日本行きは直前で中止になってしまいました。


結局タクシーでホテルまで戻り、マンダウエのイミグレーションへ
ところが、イミグレーションオフィスが引っ越して場所が変わっていました。

Gモールというショッピングセンターの2階にあります。

そこで I CARD(永住ビザ)の再発行手続きでで朝8時半から5時間半かかりました。
また2011年から2017年までの税金が未納付で16,170ペソをGigiが用意して、支払いました。

I CARDの再発行は3か月先だそうです。
2017年08月29日  2017年09月01日
フレーム表示に戻す