キャバリア・リリー日記 風邪をひきました (2011/02/11) 昨年の今日は
2010年02月11日
この季節、雨季は結構朝晩涼しいのです
日中の気温が38度や40度を記録する南国ですから24度まで気温が下がるとフィリピンの人たちは寒いと感じます
Gigiなんか靴下を出してきてはいています

ジアンも鼻をグスグスさせていたので私の長袖のセーターを出してきて着せました

そして周りの人たちは皆、咳をしています。
元気一杯のチャーリーマネージャーは風邪をこじらせて5日ほど入院していました。
風邪を甘く見たのと、食事も出来ない状態ということで、Gigiが夜に車で病院へ緊急搬送しました
そして私も3日前から寒気、頭痛、喉が痛くて寝込んでしまいました
Gigiが風邪薬とうがい薬を買ってきてくれたのには本当に I love youです
そしてリリー

私が寒気を感じるとリリーが自分から添い寝に来てくれます。
暑いな感じるとちゃんと布団から出て行きます。
また寒さを感じるといつの間にかリリーが添い寝をしてくれて一杯汗をかけました

いままでフィリピンに引っ越してきてから、リリーが夜、添い寝をしてくれた事は有りません。
なのに私が風邪を引いた今回はなぜかリリーが自分から私に添い寝をしてくれたのです。

歴史的(約400年前)に「飼い主の膝や足を温めたりして、湯たんぽの代わりのようになったりもしていました」と記述が有るほど
リリーはその血筋をしっかり受け継いでいるのでしょう

http://www.animal-planet.jp/dogguide/directory/dir04400.html
2011年02月06日  2011年02月14日
フレーム表示に戻す